探偵に浮気調査依頼する時の注意事項

uwaki103

探偵は依頼人の持つ悩みや不安に応じて調査を行い、その人が気になっていることに関して明らかな結論を出すのが仕事です。
浮気調査ももちろん取り扱っていることが多く、浮気をしているのではないかという不安に対して結論を出してもらうことが出来ます。

しかし探偵に対して浮気調査を依頼する際には幾つかの注意事項もあり、特に重要なのが「結論はどのように出すのか」というところです。
まずそもそも、浮気調査で浮気の証拠が出るという保証はありません。
というのも浮気をしていなかったのであれば浮気現場を押さえることは絶対にできないからです。

ですから浮気調査の中で調査の結論を出す場合には、何を基準とするのかということを先に明らかにしておかなくてはなりません。
浮気をしていたというのであればその明らかな事実、裁判などで証拠として使える要素を満たす写真を撮影してくる事が条件になるでしょうし、浮気をしていないと結論付けるのであればそれに納得できるものを提示してもらわなくてはなりません。
この「結論の出し方はどうするのか」ということは探偵事務所によっても異なりますから、しっかりと確認しておきましょう。

また残念なことではありますが探偵の中には利益目的のためにいいかげんな調査をしたり、事前に依頼人の不安をあおるという人もいます。
ですから「調査を依頼する状況では99%浮気しています」などの大げさなことを言う探偵は絶対に信用してはなりません。
実際浮気調査を依頼される状況で浮気の事実が見つかる可能性は高いのですが、それでも99%などの高い水準にはならないからです。

加えて依頼する側としては浮気していると疑っているから浮気調査を依頼するのですから、一度浮気調査の結果で浮気の事実がないとされても不安がぬぐえずに別の探偵事務所に依頼するなどのケースがかなり見られます。
これで浮気の事実が見つかるということも確かにあるのですが、多くは何の意味もないただお金を無駄に払うだけに終わります。
そうしたことを防ぐためにも、浮気調査は信頼できると感じた探偵事務所にだけ依頼をするようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>