浮気調査の後に離婚するケース

結婚をしている夫婦のうちどちらかが浮気をしているのではという疑惑が浮上した際に依頼されるのが浮気調査です。
腕の良い探偵であれば本当に浮気の事実があったのかどうかということについて浮気調査で結論を出してくれますから、この浮気の有無ということが不安で毎日苦しいというようであれば依頼をする価値はあります。
ですがしかし、事前に必ず考えておかなくてはならないのが「浮気調査の後」のことでしょう。
uwaki105
浮気調査の後で家庭環境が変わるというケースは珍しいことではなく、特にこの調査がきっかけで離婚に至ったというようなケースもかなり多いのが実際のところです。
まず浮気調査の後に離婚するケースとして特に多いのが「浮気が事実であり、結婚生活を続ける理由を失った」というケースです。

最も多いのが「浮気をした相手のことを信頼できなくなった」というケースで、例えば夫が浮気をしていたということで妻が完全に夫に対する信頼を失って離婚に至るということはよくあります。
もちろん妻が浮気をしていて夫が離婚を決意するということもよくあるのですが、こうしたケースは極めて多いために考えておかなくてはなりません。

特に人生のパートナーとして決めた相手が、全く別の誰かと一緒にラブホテルに入っていく姿が写真に収められていたということになるとそれまで抱いていた愛などの感情が一気に失われることもあり、依頼した段階では「離婚をするつもりはない」といっていた人でも意見が完全に変わって離婚を決意したということもあります。

また浮気調査で浮気の事実が明らかにならなった場合でも離婚するケースがあり、特に注意したいのが「探偵の調査がばれた」ということでしょう。
もちろんこれがあったから必ず離婚に至るというわけではないのですが、時折「そんなに信用されていないとは思わなかった」ということで離婚を切り出されてしまうことがあります。
こうなってしまうと本来は浮気の事実が無くて安心したという形で終わらなくてはならないのに、非常に不幸な結末を迎えることになってしまますから、浮気調査はくれぐれも腕の立つ探偵に依頼をするべきと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>