裁判で有効となる浮気の証拠とは

配偶者の浮気に対して慰謝料を請求したいという場合、一般的には探偵に浮気調査の依頼をします。なぜ高額な費用をかけてまで浮気調査をするのでしょうか?

一般的に言われている浮気と、法律上の浮気は異なります。「キスをしていた」、「手をつないで歩いていた」、「愛しているよとメールを送っていた」というようなケースでは、一般的には多くの人が浮気と感じるかもしれません。しかし、この程度では法律上の浮気とは認められず、慰謝料も請求できません。慰謝料を請求するためには、相手に「不貞行為」があることが必要になります。この「不貞行為」とは、民法上の不法行為の一種です。ちょっとしたことで不法行為が成立してしまったら、私達は安心して生活できませんから、一定のラインを超えていなければこの不法行為は成立しません。

「不貞行為」が認められるためには、「自分の意思で配偶者以外の異性と性交渉をした」ということが必要になります。たった一回の性交渉があっただけでは足りず、複数回に及んでいる必要があります。

「不貞行為」の証拠としては、「2人でラブホテルに入っている写真」などが主なものとなりますが、「ホテルに入ったけどすぐに出た」と言い訳されてしまえばそれまでですので、一定時間後にホテルから出てくる写真なども必要になる場合があります。たった1回では不貞行為は成立しないので、2回、3回とラブホテルに行っている写真があることが理想です。シティホテルや自宅の場合は、一般的には性交渉をする場所ではないので、3回、4回と頻繁に2人で出入りしている写真が必要になってきます。デートの約束のメールなどは不貞行為の証拠にはなりませんが、「ラブホテルに行こう」などと性交渉を連想させるような内容のメールは証拠となる可能性があります。

このように、自分では「浮気の証拠だ」と思っていても、裁判ではそれが認められないことも多いです。浮気調査には専門的な知識と技術を持っていることが必要になりますので、専門家に依頼をするのが一番良いということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>